創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  
日曜・祝祭日定休





本場大島紬 泥染
◇きものGALLERY
◇国画会会員
◇至極の1点もの京友禅
◇逸品 絵羽
◇附 下
◇小 紋
◇江 戸 小 紋
◇色 無 地
◇紬
◇袋 帯
◇九寸名古屋帯
◇八寸名古屋帯
◇羽織・コート
◇長襦袢
◇帯締めと帯揚げ
◇夏物 きもの
◇夏物 帯
◇赤 札 品
◇掲載品 一覧
◇過去販売作品
◇お 知 ら せ
本場大島紬  伝統的工芸品 
産地 / 奄美大島 地球儀印   素材 / 絹100%  染料 / 泥染
  本 体 価 格  ¥200,000−
  税 込 価 格  ¥220,000− のお品 →  
¥154,000− ( 税込 / お仕立て別 )
 仕立て上がりイメージ 全体  柄のアップ  衿のイメージ 
  



  
たかが大島紬、されど大島紬。

  大島紬ほどポピュラーな紬は他に見当たりません。

  あまり着物に詳しくない方でも、大島紬は耳にした事があるかと思います。

  着物マニア、それも紬好きとされる方は、一般的過ぎる大島紬には食指が動かないかもしれません。

  ですが、大島紬は着物を嗜む方なら、一枚は必ずといってよい程、持っているかと思います。

  それは大島紬の「着易さ」からくるのでは?と考えております。

  「着易さ」とは着心地でもあります。
  大島紬は他の紬と違い紡ぎ糸を使用しておりませんのでサラリと軽やかで重くなりません。

  「着易さ」=使いやすさ。
  大島紬はすごく帯合わせが楽な気が致します。
  塩瀬、縮緬の染帯・織の九寸、八寸帯・原始布・洒落袋帯・花織などなど・・・
  どれを合わせても良い雰囲気の着姿となってくれるのです。

  一枚あると重宝するので、一枚は必ず持っている・・・それが大島紬だと思います。

  本品は、モダンシンプルな柄行きで正に帯が合わせ易い、帯次第で着姿が異なる着物です。

  最初の大島紬にいかがでしょうか?




 地紬 染九寸名古屋帯「更紗に雪輪重ね」と合わせて
 洛風林 九寸名古屋帯 「福花文」と合わせて
 塩瀬 染九寸染名古屋帯「 丸絵皿紋 」と合わせて

 

本場大島紬御仕立て上り価格 ¥220,000−(税込 / お仕立て上がり / 送料無料)

  上記価格には
  国内和裁士手縫仕立て  ¥35,200−
  胴裏(グンゼ絹バラ)  ¥11,000−
  別染無地八掛      ¥16,500−
  湯通し         ¥3,300−
  合計          ¥66,000− 
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・ぼかし八掛・その他は別途承ります。


 掲載商品のご注文 商品下見のご依頼


  トップページ着物GALLERY紬GALLERY> 
本場大島紬 泥染め
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます