手描き京友禅 九寸名古屋帯
「 フラワーアレンジメント 」

■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
  手描き京友禅 九寸名古屋帯 ゴム糊  田村屋別誂え品 1点もの  「 フラワーアレンジメント 」 
本 体 価 格  ¥300,000−
税 込 価 格  
¥324,000−  ご売約済
 お太鼓イメージ  柄のアップ1  全体イメージ1 全体イメージ2  反物イメージ 
 帯前イメージ 帯前イメージ  染めの裏側  柄のアップ   
  

  この世にたった一本だけの帯を目指して・・・

  今回目指した帯は、地紋と柄を両方手描きで表現してみたい!という事でした。

  ベースの柄を緑の葉、柄を白揚げで、二つの柄が重なるようなイメージで当初考えました。

  型を使用するなら可能かも知れませんが、一本のみの為に型代は負担できません。

  手描きでの全面への柄附けは目が飛び出るほど加工代が掛りますので、

  台となる葉の柄を、切り取り風にアレンジして加工面積を縮小し、ALL手描きで糊置きしました。

  染め帯って、太鼓柄と前柄とポンポンと置いてあるよな柄ばかりですね。

  地を染めるという事は、柄を伏せ糊するという事になり、この伏せの加工代が結構掛るのです。

  勿論友禅代も柄の量=時間=加工賃となる訳で・・・売値を10万円代で〜と考えると自ずと柄の大きさは決まってしまいます。

  小窓から覗くような柄ばかりなのは、決まりがある訳でもなく、金額がそうさせているとも言えます。

  
  こちらの帯は、採算度外視でとにかく広がりのあるどこまでも伸びるような柄!

  お太鼓の枠に囚われないで、草も蔦も伸び伸びとした表情で描いてもらいました。

  見えない部分まで柄を描く事により、「 その先の世界・・・ 」 まで感じる事が出来る。 そんな気がいたします。

  
  出来上がりは、どこかで見た事あるような帯・・・ではなく、どこでも見た事無い帯!が出来上がりました。

  付け下げ〜小紋〜紬とオールマイティにあなたの着物姿をドレッシーにしてくれる染め帯です。

  

  名古屋仕立て 御仕立て上り ¥306,600−

   
 付下とのコーディネート
 
久米島紬とのコーディネート1 久米島紬とのコーディネート2 
    
  
名古屋仕立て 御仕立て代  ¥12,960−  ¥336,960− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )
  開き仕立て   御仕立て代  ¥17,280−  ¥341,280− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  帯の仕立て方と その種類


   トップページ > 着物GALLERY > 九寸名古屋帯GALLERY > ゴム糊 手描き京友禅 九寸名古屋帯 「 フラワーアレンジメント 」
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休